先輩社員の一日(岡田)

営業職

2014年新卒入社

業務企画部 営業推進グループ

岡田 健

この会社を選んだ理由

もともとは公務員志望で、「岩手のために仕事がしたい!」と考えていましたが、自治体支援や社会インフラの整備など、自治体の業務を委託という形で仕事ができるというところに興味を持ちました。人々の生活の基盤となる仕事なので、自分の仕事が岩手のために貢献できていると実感しやすいことも決め手の一つでした。また、営業職ということで、空間情報事業全般の知識のない私がお客様へ業務提案できるか不安な部分はありましたが、社会人として営業職を経験しておけば怖いもんなしだろうと思い営業職を志望しました。

仕事の内容

北東北3県(岩手・秋田・青森)の官公庁へ提案営業を行います。

提案内容は測量や道路設計(建設コンサルタント業務)、各種台帳の整備や図面の電子データ化、固定資産税に係る基礎資料の整備や調査など、提案内容は多岐にわたります。お客さまからニーズや問題をヒアリングし、解決に向けより良い商品(成果品)の提案を行います。また、官公庁のHP等から入札公告を確認し、参加申請書や応札額を決めるための積算を行っています。

業務締結後はお客さまと打ち合わせ日の調整、業務の進捗報告、成果品の最終確認を行い、業務着手から納品時まで業務のマネジメントを行います。

一日の仕事

9:00

出社

まずはメールのチェックから1日がスタートします。お客さまからのメールに即座に返信できるよう、ワンデーレスポンスを心がけています。始業後は朝礼を行い、当日の行動予定や入札について確認します。また、明日以降の行動予定も視野に入れ、いつまでに提案資料を準備するかなど業務調整を行います。

10:00

営業活動へ出発

北東北3県の官公庁へ訪問するので、3時間以上運転する場合があります。出発前に車両点検やアルコールチェック、免許証を携帯しているか、提案資料や見積等の持ち忘れがないか確認します。また、打ち合わせや入札時間に間に合うよう、余裕を持って目的地へ出発します。

13:00

お客様へ訪問

私が担当しているのは岩手県の県南自治体です。新規事業の提案や業務発注に向けた作業手法の提案など提案内容も様々です。面白いのは、私が意図していなかったニーズがお客様から聞けることです。そのニーズが近隣自治体でどのように対処しているか確認し、社内で共有し改めてお客様へ最適な提案を行います。契約後は業務の進捗状況や追加提案、お客さまの困っている事をヒアリングしより良い提案を行います。

15:00

帰社後ミーティングに参加

帰社後は情報収集した内容についてグループで共有します。営業推進グループだけではなく、各グループ員とも共有し、より良い提案を模索します。

また、仕事の話だけでなく、上司や先輩から聞いた美味しいランチの話や趣味の話をなどで盛り上がることもあります。

17:30

退社

就職される方へのメッセージ

千里の道も一歩から

皆さん特技はありますか?

その特技は最初からできましたか?最初から一人で歩けましたか?話せましたか?漢字は書けましたか?(私は漢字が苦手ですが)

教えてもらって徐々に身についたと思います。仕事も同じように、上司や先輩から教えてもらって、初めて見につくものです。測量に限らず、仕事は覚えることもたくさんあります。実際に私は営業も測量も初めてで、覚えることはたくさんありましたが、優しく(?)教えてくれる上司や先輩のおかげでなんとか仕事が身につきました。わからなくても一歩前に踏み出す(チャレンジ)ことが大事だと思います。その一歩が測量に関する一歩だとなお嬉しいです。一緒に測量の道を歩みませんか?